ディオーネのvio脱毛は効果がある?口コミや値段を解説!

vio脱毛 ディオーネ
3歳から通える脱毛サロンで有名なディオーネは、痛くない施術と高い美肌効果があることから、多くの女性から支持されています。

今回は、ディオーネのVIO脱毛の料金、脱毛効果、予約方法、施術時の痛みなどについてご案内します。

ディオーネでVIO脱毛を検討している人は参考になさって下さい。

ディオーネのvio脱毛料金プランをチェック!

ディオーネのvio脱毛の料金プランを、6つの項目に分けて見ていきましょう!

ディオーネのvio脱毛料金プラン一覧

●ハイジニーナコース
・12回 120,000円
・ 6回 72,000円
・追加 10,000円(1回)
VIOの毛を全て処理します

●semiハイジニーナコース
・12回 96,000円
・ 6回 57,000円
・追加 8,000円(1回)
好きな形にデザインしながらお手入れします

●Sパーツ
・ビキニVライン上部
12回 24,000円
6回 15,000円
追加 2,000円

・ビキニVライン再度
12回 30,000円
6回 18,000円
追加 2,500円

・ビキニIライン
12回 42,000円
6回 27,000円
追加 3,500円

・Oライン
12回 30,000円
6回 18,000円
追加 2,500円
※追加料金は、1回分の料金です

ディオーネのvio脱毛キャンペーン

ディオーネは、各店舗によってキャンペーン内容が異なります。

そして、キャンペーン内容は、月毎によっても変わっているようなので、ホットペッパーなどで、希望する店舗のサイトをこまめにチェックしておきましょう。

ディオーネのキャンセル料

ディオーネでは、キャンセル料は発生しませんが、1回分が消化扱いとなります。

前日の19時までに連絡すると、1回分消化扱いにはなりません。

因みに、予約した時間に20分遅れた場合もキャンセル扱いとなりますので気を付けましょう。

ディオーネのシェービング(自己処理)料金

ディオーネでは、シェービング代が一切かかりません。

それは、黒い色に反応する一般的な光脱毛と違って、休止期の毛根に照射して脱毛させていく方法だからです。

だから、忙しくてシェービングする時間がなくても安心して通うことができるんです。

ディオーネの支払い方法

ディオーネでは、クレジットカードが使えますが、一括のみとなっています。

現金の場合も同じく一括のみです。

しかし、店舗によって柔軟に対応してくれますので、無料カウンセリングの時に分割での支払い方法について相談してみましょう。

ディオーネのvio脱毛は店舗移動できる?

基本的にディオーネは、フランチャイズ制なので、予約に関する店舗間移動することはできません。

しかし、ディオーネ直営店同士での移動であれば、引越などの大きな理由に限り店舗間移動が可能です。

状況にもよりますので、諦めずに相談してみて下さい。

ディオーネのvio脱毛を解約する場合は?

解約手続きは、契約している店舗で行われます。

事前に電話をしておくと手続きをスムーズに行うことができます。

違約金はかかりませんが、解約手数料がかかります。

解約手数料は、残りの回数から費用の10%を引いた額となります。

上限は、2万円となりますので、計算して2万円よりも少ない方が採用されます。

手続きには、印鑑と返金先口座の情報が必要となります。

ディオーネのvio脱毛の効果はあるかチェック!

ディオーネのvio脱毛は効果があるのか「脱毛に使われている機械、脱毛完了する回数・施術時間」について詳しく見ていきましょう!

ディオーネで使われている脱毛器

ディオーネで使用されているハイパースキンカレンという脱毛器は、皮脂腺にある発毛因子に光線を照射することで、毛が生えてこないようにする脱毛器です。

痛みがない上に、肌内部のコラーゲンを活性化して、肌にハリを与える効果もあります。

ディオーネでvio脱毛が完了するまでの『期間・回数・頻度』

ディオーネでは、最短で2週間に1回のペースで通うことができます。

例えば、ハイジニーナコースの12回だと最短で半年で脱毛完了となります。

ですが、年齢によって毛周期が異なりますので、スタッフのアドバイスに従って通うのが効率のよい脱毛方法となります。

VIO脱毛は、効果が出るまでに時間がかかる部位なので、希望した回数が終わっても満足できなくて、追加で数回お手入れをする人もいます。

そのため、余裕を持って1年~3年くらいの期間がかかると思っていた方がいいですよ。

ディオーネのvio脱毛効果があるか口コミをチェック!

ディオーネでは、Iラインのキワまで丁寧にお手入れしてもらうことができました、という口コミが多く見られます。

一般的な脱毛サロンでは、Iラインの粘膜の部分を脱毛することができないところが大半ですが、ディオーネは粘膜の部分までしっかり脱毛できると好評です。

しかも、痛くない施術なので安心です、という声も目立ちます。

更に、美肌効果が高いので、Vラインの黒ずみが薄くなったという人もいます。

また、白髪も脱毛できるので助かります、という人も結構いますよ。

ディオーネのvio脱毛で人気の形をチェック!

一度脱毛してしまうと、二度と毛が生えてきません。

後悔しないためにも、事前にどのような形にするかよく考えておく必要があります。

ディオーネで人気の形は、ナチュラルな逆三角形や、スクエア型です。

欧米の女性とは違って、ツルツルにするよりも不自然な感じにならないように、毛を少し残す人が多いです。

温泉やプールに行った時の人目を考えると、毛量を軽くする程度が無難と考えているようです。

迷っている人は、パートナーに相談して意見を聞いてから決めている人もいますよ。

ディオーネのvio脱毛は痛い?

ディオーネの脱毛は、60度もの高温の光を照射して、黒い色に反応させる通常の脱毛器とは違うので、痛くありません。

ディオーネの脱毛器は、約38度の低温でお手入れをするので、痛いというよりも温かくて気持ちいい脱毛なんです。

だから、痛いのが苦手な人や、敏感肌の人でも安心して施術を受けることができます。

痛くないので、3歳からの子供でも問題なくお手入れを受けられるんです。

火傷の心配もないので、デリケートなVIO脱毛も怖くありません。

ディオーネのvio脱毛の痛みを口コミでチェック!

アトピーや敏感肌のため、肌が弱いので、Iラインの脱毛が不安だったけど、肌トラブルが起こらずに綺麗に脱毛出来た、という女性の口コミや、VIO脱毛が初めてなので、不安だったけれど全然痛くなかったので拍子抜けした、といった口コミが多いようです。

それから、他店では、白髪は脱毛できないと断られてしまったけれど、ディオーネで白髪も問題なく脱毛できて嬉しい、という年配の女性の声も多く見られます。

Vラインが黒ずんでいても綺麗に脱毛できたという口コミを多いですよ。

ディオーネのvio脱毛で気になるポイントをチェック!

ディオーネのvio脱毛で気になる5つのポイントを見ていきましょう!

vio脱毛をする際の『服装』は?

胸の部分にゴムが入っているチューブワンピのバスタオルと、紙パンツに着替えます。

紙パンツは、サイドがひも状になっている小さめのTバッグタイプで、紙おむつっぽくありません。

伸縮性があるので、紙パンツを上手に伸ばしたり、ずらしたりしてお手入れしてくれます。

vio脱毛をする際の『体勢』は?

Vラインは、施術台に仰向けになった状態でお手入れをしていきます。

Iラインは、片方の脚を折り曲げ横に倒した状態で行います。

タオルで上手に隠しながらお手入れしてくれます。

Oラインは、紙パンツを下ろして、うつ伏せか横向きに寝た状態で行います。

それぞれ射ち漏れがないように、2週ずつ照射をします。

vio脱毛をする前の『自己処理』はどうすれば良い?

アンダーヘア専用のシェーバーを使うと、お手入れしやすいです。

カットした後の毛先も熱線で丸くすることができるので、チクチクしたり、ショーツから毛が飛び出ることもありません。

無理にカミソリで剃ると肌にダメージを与えてしまうので、必ず専用のシェーバーを使いましょう。

生理になっても脱毛できる?

生理中は、ホルモンバランスが急激に変化しているので、肌トラブルが起きやすくなります。

ディオーネでは、VIO以外であれば生理中でもお手入れ可能ですが、VIOはお手入れできません。

なので、生理になりそうな時に予約を入れてしまった場合は、速やかに予約を変更しましょう。

担当者の指名はできる?

ディオーネでは、店舗によって指名して予約を入れることが可能です。

初めに担当してもらったスタッフに続けて担当してもらい時は、指名が可能かどうか相談してみて下さい。

また、無料カウンセリングの時にも確認しておくとよいでしょう。

ディオーネでvio脱毛するメリット・デメリットは?

・メリット
痛くない脱毛方法なので、アトピーや敏感肌の人におすすめです。

粘膜のキワまでお手入れ可能なので、完璧にVIOを脱毛したい人にもおすすめです。

白髪は、光脱毛などでは脱毛できませんが、ディオーネのハイパースキン脱毛ならお手入れできるのでおすすめです。

・デメリット
安く脱毛したい人にとっては、コスパがよくないので向いていません。

休止期の毛に照射する脱毛方法なので、効果を実感できまでに時間がかかりますので、せっかちな人にも向いていません。